贈与税の配偶者控除の有利な利用の仕方


ところで、贈与税の配偶者控除が1,000万円あり、
①居住用の土地や建物の贈与
②居住用の土地や建物を取得する資金の贈与
のどちらでもよいと説明しました。

では、どちらを贈与した方が有利でしょうか。現金で贈与したときは、1,000万円は1,000万円です。しかし、土地や建物を贈与したときは、その評価額で1,000万円までです。そして、土地や建物の贈与税の評価額は、実際の売買価格の四〇パーセントから六〇(-セントぐらいになっています。五〇パーセントだとすると、2,000万円までの贈与ができることになります。ですから、現金で贈与するよりも、土地や建物で贈与した方が有利です。

更地

といっても、土地を買ったり、建物を建築してすぐ贈与したときは、その購入資金なり、建築資金なりを現金で贈与したとみられますので注意してください。なお、現在、夫婦で居住している土地や建物を贈与するとき、土地だけを贈与するとか、建物だけを贈与するとかいうケースも、よくみうけられますが、後で、その土地や建物を売って、居住用財産の特別控除を受ける場合には不利になります。こういうようにしておいたとき、この特別控除は3,000万円までですが、家と土地とをそれぞれ夫婦の共有になるように贈与しておくと、二倍の6,000万円までの特別控除を受けることができるようになります。


物件検索を行なわれている方は日野市へのお引越しについて確認しませんか?
建売住宅の物件を随時ご紹介しているので、ぜひ一度日野市の建売物件を見つけませんか?
様々な建売物件が日野市には揃っているので、ぜひ一度ご確認ください!

充実した生活を落ちついた雰囲気が流れている恵比寿エリアで賃貸物件を借りて暮らしませんか?
最近は女性に人気があって,オシャレなお店も増えてきています。
もちろん男性の方にもお勧めのエリアなんですよ。是非この機会に恵比寿エリアの賃貸情報について調べてみて満足行く生活を始めましょう!